大阪メモリアルパーク

ペットのご遺体、取り扱い手順について


■まず、次のものをご用意ください。
『箱、段ボール(体の大きさに合うもの)』『新聞、バスタオル、毛布』『ビニール袋、保冷剤』『ろうそく、お線香、お水、生花』


1.ご遺体を清める

愛着のあるタオルや毛布を敷き、そこに寝かせてあげてください。
2時間程度で硬直が始まりますので、その前に、まぶたを閉じ、寝ている時のように手足を胸の方に優しく折り曲げてあげてください。手足が伸びたまま筋肉が固まってしまうと、棺にご遺体をうまく収められなくなることがあります。
お風呂程度の熱さのお湯でぬらしたガーゼやタオルなどで全身をやさしく拭いて清めてあげてください。
口や肛門から体液や汚物が出てくることがありますが、ガーゼなどで綺麗に拭き取ってください(人間のご遺体でも起こる自然現象です)。

●体液が染み出す場合にそなえ、タオルや毛布の下にビニールなどを敷くこともおすすめします。
●小屋の中などで硬直がはじまった場合、そこから出せなくなることがありますのでご注意ください。
●硬直は半日程度で少しずつ解けていきます。硬直してしまったら無理をせずゆっくりお待ちください。



2.安置する

用意した箱や段ボールなどに、敷いてあげたタオルや毛布ごと寝かせてあげてください。
ご遺体が傷まないよう直射日光が当たらない風通しのいい場所に安置し、ビニール袋に入れた氷や保冷剤などで、頭部やお腹を冷やしてあげてください。
夏季はクーラーの効いたお部屋での安置をおすすめいたします。

●一番最初に腸の腐敗が始まりますので、お腹を集中的に冷やしてください。
●保冷効果を高めるため、全体をタオルでくるむことをおすすめします。



3.連絡する

安置が終わり、気持ちも落ち着かれたら、葬儀やお墓のことをお考えください。
大阪メモリアルパークへ、お気軽にお問い合わせください。



4.火葬の準備をする

生前使っていた愛用品など、一緒に火葬してあげるものをご準備ください。

【一緒に火葬できるもの】
 ・好きだったお菓子や食べ物
 ※金物類、プラスッチック製品、化学繊維類などは火葬できません。

ここまでの準備ができましたら、火葬までの最後のひと時を大切にお過ごしください。

 

Copyright© Osaka Memorial Park, All Rights Reserved.