世代を超えて集う憩いの空間「新しい霊園の在り方」をここに。

永代供養・特別承継特約

永代供養について

日本のお墓の仕組みは、お墓を代々ご子息様が承継していくことで存在していきます。
では、承継するご子息様がいなくなったらどうなるのでしょうか?
お墓を建てるためには墓地が必要です。
その墓地の1区画をご契約するということは、その土地を購入し所有するという意味ではなく、
その土地を「お墓として使用する権利を購入する」という意味となります。
ですので、使用する権利を失うことがあるのです。

ご存知でしたか?

先ほどの「承継するご子息がいなくなったら・・・」、という問いがこれに当たります。
承継者がいなくなると、お墓として使用する権利を失い、
使用していた墓地を管理者(霊園管理寺院)に返還しなければならないことがあります。

昨今、少子化や無縁化という言葉を日常的に耳に致しますが、
お墓を建てる時にこの疑問(承継者がいなくなったら・・・??)を
ご相談される方が増えてきております。

本来そのお墓は、そのお墓のご親族等関係者により供養し守っていくのですが、
【永代供養】とは、そのお墓の関係者に代わり、
霊園の管理者(宗教法人)が承継することを意味します。
そのお墓を、管理者が守りご供養していくのです。

大阪メモリアルパークからの提案
一般のお墓「特別承継特約制度で永代供養に

お墓の継承者がいなくなっても、ずっとご家族と同じお墓に

将来を考えると永代供養の必要性を感じるが、見ず知らずの方々と一緒にされるのではなく、大切な家族だけでいつまでも眠り続けたい・・・・。そんなお客様の強いご要望から生まれた制度です。この制度は、お墓のご建立時に一緒に入らなければならない特約ではございません。例えば、今はご子息様がいるので代が途絶えるとか考える必要がなくても、将来的にどこの代でどうなるのかは誰にも分かりません。この制度は、お客様のご要望によりいつでもご加入頂くことができます。承継者がいなくなり自動承継されると、年3回(春彼岸・お盆・秋彼岸)の合同供養と、定期的な維持清掃作業が実施されます。

永代供養

ぜひともご検討ください。

さまざまなスタイルの
永代供養墓

特別承継特約制度以外にも、大阪メモリアルパークではさまざまなスタイルの永代供養墓を用意いたしております。
樹木葬方式の合祀型「ふれあい」、合祀されない「モーリス」「ダイアナ」「アイビー」、期間型合祀の「ジュリア」、従来型一般墓スタイルの「カトレア」など、ご要望にあわせてお選びいただけます。

大阪メモリアルパークで、ぴったりの永代供養墓を見つけてください。

さまざまな永代供養

「カトレア」
「ふれあい」
「ダイアナ」「アイビー」